Top >  結婚について >  引き出物でもらって嬉しかった陶器のお皿

引き出物でもらって嬉しかった陶器のお皿

" 私がもらって嬉しかった引き出物は、何と言ってもそれは陶器のお皿に他なりません。

 私は、20代前半の頃、始めて結婚式というものに出席しました。それは、私がそのとき勤めていた職場の先輩女性が結婚するということで、その結婚式に出席をしたのです。

 そして、その結婚式で引き出物としていただいたのが大きな青いお皿でした。今考えれば、何の変哲もない普通のお皿ではありましたが、私はそのときとても嬉しかったことを覚えています。

 それは、やはりその女性の先輩というのが、いつも仕事でとても私に対して熱心に教えてくれたことを思い出し、そして、その先輩がその結婚を機に職場を退職し専業主婦になるという経緯があったからです。

 ですので、それまでの感慨深い思い出がそのお皿には詰まっており、私はそのお皿をとても大事に今でも使っています。

 やはり、結婚式でもらう引き出物というのは、そういった結婚した人の思いを感じとることができる素晴らしいものですので、私はなるべく引き出物でいただいたものを、優先的に日常生活で使うよう心がけているのです。"

結婚について

関連エントリー

・結婚適齢期のない時代、人生観の問題だと思います
・晩婚化は本当に問題なのか
・晩婚には賛成です
・持って帰るのが大変だった結婚式の引き出物
・カタログギフトがメイン
・引き出物でもらって嬉しかった陶器のお皿
・四十代での結婚について
・子供が生まれたらお父さんとお母さんの関係に…
・結婚願望は今のところはないです
・こうゆう男性とは付き合いたくありません。
・嘘つきは嫌いです
・音楽の趣味が合わない人とは付き合えない


熟年離婚について
年金分割制度とは?
熟年離婚の原因
熟年離婚を防ぐ!
離婚に必要な費用
離婚後の生活
熟年再婚
リンク集
運営者情報