Top >  結婚について >  晩婚化は本当に問題なのか

晩婚化は本当に問題なのか

"いわゆる晩婚化について、世間の評価はお世辞にも良いものだとはいえないと思います。
婚期が遅くなることで出生率が下がり、それが人口減につながっているということが大きな理由です。
しかし、果たしてそれは本当なのでしょうか?
確かに要因の一部なのかもしれませんが、私はそれが晩婚を責める主要な理由にはならないと考えています。
出生率が下がって人口が減っている主な原因は、「結婚している人が子供を作ることをためらう状況」にあると思うからです。
社会全体で子供を育てて行こうという意識と制度がしっかりしていないからです。
そのことを未婚の方や晩婚のせいにするのは、やはり違うのではないかと感じています。
晩婚になる理由は様々です。
たとえば社会の中での女性の地位が以前よりも上がってきて、結婚して家庭に入りたいという方が減っていたりなどもあると思います。
そしてそれは、決して悪いことではないはずです。
むしろたとえ共働きでも、安心して子供を育てられる環境こそが必要だと思っています。
何かと問題にされている晩婚化ですが、私はもっと別のところに問題があると考えています。"

結婚について

関連エントリー

・結婚適齢期のない時代、人生観の問題だと思います
・晩婚化は本当に問題なのか
・晩婚には賛成です
・持って帰るのが大変だった結婚式の引き出物
・カタログギフトがメイン
・引き出物でもらって嬉しかった陶器のお皿
・四十代での結婚について
・子供が生まれたらお父さんとお母さんの関係に…
・結婚願望は今のところはないです
・こうゆう男性とは付き合いたくありません。
・嘘つきは嫌いです
・音楽の趣味が合わない人とは付き合えない


熟年離婚について
年金分割制度とは?
熟年離婚の原因
熟年離婚を防ぐ!
離婚に必要な費用
離婚後の生活
熟年再婚
リンク集
運営者情報