Top >  結婚について >  カタログギフトがメイン

カタログギフトがメイン

"私が出席した結婚式の引き出物は、だいたいがカタログギフトがメインでした。
私の親世代になると、大きな紙袋に、食器のセットなど大きくて重い物を貰って帰ってきていた記憶があります。
カタログギフトだと、選ぶ楽しみと共に、趣味ではないものや、使い道に困るものを貰うことがなくていいなと思いました。
カタログギフトに、焼き菓子、雨、鰹節これらがセットの物が一番多かった組み合わせです。
焼き菓子はバームクーヘンが多かったと思います。

困ったものと言えば、新郎新婦の名前の刻印がある食器です。
使うためにあるのではなくて、記念に飾るためにあるのだと思います。
しかし、友達や親戚とはいえ、さすがに、他人の結婚の記念品を飾るのはどうかと思って、しまってあります。
品物を選んでいる時は、きっと二人とも盛り上がって決めたのでしょうが、これを貰う人の事も
少しは考えて欲しかったです。

どんなものを選ぶかは、もちろん、新郎新婦の自由です。
でも、お祝いに駆けつけるために、仕事を調整したり、スケジュールを開けておいたりしているのだから、
招待客の事を考えた引き出物にしてほしいと思います。

"

結婚について

関連エントリー

・結婚適齢期のない時代、人生観の問題だと思います
・晩婚化は本当に問題なのか
・晩婚には賛成です
・持って帰るのが大変だった結婚式の引き出物
・カタログギフトがメイン
・引き出物でもらって嬉しかった陶器のお皿
・四十代での結婚について
・子供が生まれたらお父さんとお母さんの関係に…
・結婚願望は今のところはないです
・こうゆう男性とは付き合いたくありません。
・嘘つきは嫌いです
・音楽の趣味が合わない人とは付き合えない


熟年離婚について
年金分割制度とは?
熟年離婚の原因
熟年離婚を防ぐ!
離婚に必要な費用
離婚後の生活
熟年再婚
リンク集
運営者情報