Top >  離婚後の生活 >  離婚後に住む家

離婚後に住む家

家


熟年離婚後も、今住んでいる家に住みたいと思うのは当たり前ですよね。
しかし、それが可能かどうかというと全て夫次第です。
また、協議離婚ならば、その内容によって可能かどうかが異なります。
まず、持ち家の場合は、財産分与の話し合いで頑張れば、離婚後も今の家に住むことが可能です。
ただし、ローンが残っている場合は、注意して下さい。
なぜなら、名義を変えるとなると融資している銀行側が了承しなければ、住むことは難しいからです。
次に、賃貸の家の場合は、契約書の名義が夫になっていることが大半でしょう。
その場合、貸主の承諾が必要となりますが、この時名義変更ではなく、契約の解除+新しく契約を、などと言い出す貸主がいます。
しかし、部屋のリフォームをする必要はありませんので、敷金の支払い義務は発生しません。
その為、筋の通らない要求は、突っぱねて当たり前に処理してもらって下さい。
以上のことからも、一概に住んでいた家に住めるとも住めないとも言えませんが、例え夫が了承しても、様々な問題が発生しますので簡単には住めないかもしれません。

離婚後の生活

夫婦2人が熟年離婚で別れた後の生活について特集、別れた後は幸せな生活を送れるのか?女性の金銭的な負担、住む家はどうしているのか?離婚すると男性の寿命が縮まるというのは本当か?熟年再婚のための恋愛など、離婚後の人生を解説。このカテゴリの情報が少しでも参考となれば幸いです。

関連エントリー

・熟年離婚で幸せになれる?
・離婚後の女性の経済面
・離婚後の金銭的負担
・離婚後に住む家
・離婚後の夫の寿命
・熟年離婚後の人生
・熟年離婚後の恋愛
・離婚にかかる時間


熟年離婚について
年金分割制度とは?
熟年離婚の原因
熟年離婚を防ぐ!
離婚に必要な費用
離婚後の生活
熟年再婚
リンク集
運営者情報