Top >  離婚に必要な費用 >  離婚調停費用

離婚調停費用

離婚調停費用


熟年離婚の協議離婚が出来なければ、まず家庭裁判所で離婚調停となります。
この離婚調停の申し立ては、申立書を提出することから始まり、その申立書に貼る収入印紙900円と切手800円が必要となります。
その為、離婚調停費用はあまりかかりません。
ただし、申立書と一緒に提出する戸籍謄本などの手配にかかる費用は、当たり前ですが、自分持ちとなります。
また、もし弁護士に離婚調停の手続き全体を任せれば、弁護士費用も必要となります。
しかし、離婚調停は十分自分で行うことが出来ますので、敢えて弁護士に依頼する必要は無いでしょう。
もし分からないことがあれば、家庭裁判所に家事相談所がありますので利用してみて下さい。
相談だけならば無料でのってくれますよ。

離婚に必要な費用

離婚時に必要となる費用や手続きの仕方。準備の仕方について。弁護士費用、裁判費用、審判費用、離婚調停の費用、離婚までが長引いたときの生活費の工面、保険や共済はどうなるのか?慰謝料と養育費、家のローンや不動産を分ける場合など。このカテゴリの情報が少しでも参考となれば幸いです。

関連エントリー

・熟年離婚の為の準備
・弁護士費用
・裁判費用
・審判費用
・離婚調停費用
・離婚にかかる生活費
・保険とかはどうなるの?
・慰謝料
・熟年離婚とローン


熟年離婚について
年金分割制度とは?
熟年離婚の原因
熟年離婚を防ぐ!
離婚に必要な費用
離婚後の生活
熟年再婚
リンク集
運営者情報