Top >  離婚に必要な費用 >  裁判費用

裁判費用

裁判


熟年離婚をする際、もし一方が離婚に応じなければ離婚調停となります。
しかし、その離婚調停でも、熟年離婚の内容が全くまとまらない場合は、裁判を行って決着をつけることになります。
その為、離婚裁判には一体どのくらいの費用がかかるのかを知っておきましょう。
まず、離婚の訴えのみならば、手数料の8,200円で済ますことが出来ます。
ただし、この金額は慰謝料の請求額が95万円以内の場合ですので、覚えておいて下さい。
そして、離婚の訴えと財産分与の請求をする場合は、慰謝料の請求額によっても異なりますが、大体9,100円ぐらいの手数料で済ますことが出来ます。
このように、離婚裁判にかかる費用はさほど高くはありませんが、離婚裁判をする為には、法廷の離婚理由が必要で、それを個人で行うのは非常に難しい為、弁護士に依頼する方がほとんどです。
その為、離婚裁判費用プラス弁護士に依頼する弁護士費用30〜60万円がかかると思っておいて下さい。

離婚に必要な費用

離婚時に必要となる費用や手続きの仕方。準備の仕方について。弁護士費用、裁判費用、審判費用、離婚調停の費用、離婚までが長引いたときの生活費の工面、保険や共済はどうなるのか?慰謝料と養育費、家のローンや不動産を分ける場合など。このカテゴリの情報が少しでも参考となれば幸いです。

関連エントリー

・熟年離婚の為の準備
・弁護士費用
・裁判費用
・審判費用
・離婚調停費用
・離婚にかかる生活費
・保険とかはどうなるの?
・慰謝料
・熟年離婚とローン


熟年離婚について
年金分割制度とは?
熟年離婚の原因
熟年離婚を防ぐ!
離婚に必要な費用
離婚後の生活
熟年再婚
リンク集
運営者情報