アドセンスイメージ画像

« 2007年05月 | Top2012年10月 »

最新記事【2012年08月02日】

"私は以前、ウェディングプランナーやブライダルコーディネーターと呼ばれる職業に就いてみたいと思った時がありました。

幸せそうな二人のためにもっと幸せな結婚式にしてあげたいと思ったからです。芸能人のように派手なものでなくても、その人その人に合ったウェデングで参列者の方も記憶にのこるようなそんな式を提案してみたいです。

新郎新婦の要望をよくヒヤリングして、なるべく実現性が高い式を提案したりするなんて、まるで自分が式をあげるように熱心にやりたいものです。

中でも衣装合わせは、かなり興奮してしまいそうです。
今の時代、地味婚なんていう言葉も最近よく聞きますが、女性がウェディングドレスを着る機会なんて人生に1度の大イベントです。式がどんな形でさえ、花嫁さんが一番の主役なのですから満足していただきたいですよね。

私が友人の式に参加したときに“引き出物”にとても凝っていたのを覚えています。昔のままのイメージがつよかったので、グラスやお皿にに名前が書いてあったりするのかな~という感じでした。でも、その中に入っていたのはカタログギフトでした。内容も素敵で多種多様な引き出物は誰にとっても嬉しいですよね。
それ以来、ちょっとした内祝い等は、カタログギフトを送ったりしています。

そんなことも話たりしているうちに、こちらまで幸せな気分になれるのがまた嬉しいです。
"

最新記事【2012年08月31日】

"私たちが結婚式をあげたのはもう4年前になります。
結婚を決めてから、どこで式をあげようかといろいろな式場を見に行きました。その中で、私たちが気に入った式場はハウスウェディングでした。ホテルでの式も良かったのですが、他にはない自分たちの式を作りたい、ほかの新郎新婦と同じ時間に式をあげるのではなく自分たちの貸切にできるということから決めました。
とても素敵な式場で、これから式まで幸せな気分ですごせそう、とワクワクしていましたが、大変なのはここからでした。まず、誰を呼ぶか人数を決めないといけません。両家でだいたい同じくらいの人数でと考えるととても難しかったです。また、どんな演出をするかを決めるのも大変でした。いろいろな雑誌で調べたしたい演出はあったのですが、時間や金額と照らし合わせて絞っていくのに苦労しました。
その他もうたくさんの準備をして迎えた当日、思っていたよりあっという間に式は終わってしまいました。
しかし、いっぱい考えて準備した演出はどれも楽しく、大成功でした。
来てくださったゲストの方にも、こんな結婚式は初めてでとても楽しかったと言っていただけ、自分たちが思い描いた式が出来たのではないかと今でも話しています。"

アドセンスイメージ画像2

年金分割制度ってなぁに?熟年離婚講座

離婚時における年金分割制度ってご存知ですか?この制度のせいで熟年離婚が増えている気もしているのですが、詳しく知っておいて損はありませんよ。


熟年離婚について
年金分割制度とは?
熟年離婚の原因
熟年離婚を防ぐ!
離婚に必要な費用
離婚後の生活
熟年再婚
リンク集
運営者情報