Top >  熟年離婚の原因 >  生死不明の場合の離婚

生死不明の場合の離婚

生死不明とは、生きているのか死んでいるのか分からない状態のことを言い、家を出て消息が分からない場合などは、3年経てば離婚することが出来ます。
また、相手が家庭を捨てて出て行った場合や、生死は確認出来ているけれど、仕事に出かけたきり家に帰って来る意思が無く、生活費も送ってこないといったような場合も、結婚生活を継続しがたい理由になり、離婚が認められます。
それは熟年離婚でも同様で、現代社会における問題により、自ら行方不明になる方も増加しています。
その為、こういう夫の生死不明が原因で、熟年離婚するケースも増えるのではないかと見られています。
しかし、もし熟年離婚なんてしたくないと思われるならば、突然行方をくらませたりせず、出来れば楽しい老後生活を送ることを思い浮かべて、踏みとどまってみて下さい。

熟年離婚の原因

結婚生活が崩壊して、熟年離婚となる原因ときっかけとは?宗教、文化の違い、言葉の暴力、ドメスティックバイオレンス(DV)セックスレス、性格の不一致、価値観の違い、浪費癖、姑や養父といった親族とのトラブル、浮気、不倫、マザコン、介護など。このカテゴリの情報が少しでも参考となれば幸いです。

関連エントリー

・熟年離婚の原因
・宗教による離婚
・妻の不満による離婚
・言葉の暴力による離婚
・セックスレスによる離婚
・性格の不一致による離婚
・価値観の違いによる離婚
・浪費グセによる離婚
・姑と義父が原因の離婚
・浮気による離婚
・モラル・ハラスメントによる離婚
・田舎暮らしが原因の離婚
・マザコンが原因の離婚
・生死不明の場合の離婚
・介護が原因で離婚
・DV(ドメスティックバイオレンス)による離婚
・家族で離婚してないの俺だけ?
・離婚して新しいパートナーを見つけるのは自然な本能なのかもしれない
・夫婦ゲンカで仲良く
・どこまで言っていいのか
・私は無実だったのです


熟年離婚について
年金分割制度とは?
熟年離婚の原因
熟年離婚を防ぐ!
離婚に必要な費用
離婚後の生活
熟年再婚
リンク集
運営者情報