Top >  年金分割制度とは? >  熟年離婚と振り替え加算

熟年離婚と振り替え加算

熟年離婚


熟年離婚するならば65歳になってからという話を耳にしたことがあるかもしれませんが、何故だか知っていますか。
その理由には、振り替え加算が大きく関係しています。
振り替え加算とは、妻が65歳になると、それまで支給されていた夫への加給年金が、妻自身の老齢基礎年金に上乗せして加算されることです。
その為、妻が65歳になって振り替え加算が上乗せされた後は、たとえ離婚したとしても受給権は消滅せず、一生涯もらえることになります。
しかし、65歳以前に離婚してしまうと、加給年金が振り替え加算として妻に移ることはありません。
その為、熟年離婚するならば65歳以降にと言われているのです。
ただし、この振り替え加算は、加給年金の対象となった配偶者全てにつくわけではありません。
生年月日が、大正15年4月2日〜昭和41年4月1日までの方にしかつきませんので覚えておいて下さい。

年金分割制度とは?

2007年4月から本格的にはじまる離婚時における年金分割制度の説明。もらえるための条件は?受給資格について。厚生年金が具体的にどのように分割されるのか?年金分割制度のメリット、デメリット。このカテゴリの情報が少しでも参考となれば幸いです。

関連エントリー

・熟年離婚と年金
・離婚時の分割制度
・離婚時分割制度の受給資格
・厚生年金の離婚時分割
・年金分割の手続きの仕方
・合意出来ない場合の年金分割
・年金分割の請求
・年金分割制度のメリット
・年金分割の注意点と落とし穴
・熟年離婚と振り替え加算


熟年離婚について
年金分割制度とは?
熟年離婚の原因
熟年離婚を防ぐ!
離婚に必要な費用
離婚後の生活
熟年再婚
リンク集
運営者情報