Top >  年金分割制度とは? >  年金分割の注意点と落とし穴

年金分割の注意点と落とし穴

落とし穴


平成19年4月からスタートする年金分割を待ってから熟年離婚しようと考えておられる女性が多いようですが、年金分割の注意点についていくつか紹介しておきます。
まず、分割された年金を受け取ることが出来るのは、離婚時ではなく自分が年金を受け取れるようになってからだということを覚えておきましょう。
次に、分割されるのは高齢厚生年金(厚生年金)だけで、老齢基礎年金(国民年金)は分割されませんので注意して下さい。
3つ目に、年金分割の対象となるのは厚生年金だけなので、婚姻期間中に厚生年金を納めたことの無い個人事業主の妻などは、専業主婦だとしても年金の分割は受け取れません。
4つ目に、夫の年金を分けてもらう制度ではなく、老後の生活確保を目的とする制度な為、共働きをしていた場合、婚姻期間中のお互いの給料平均額の合計額の半分を上限に分割されます。
その為、夫よりも妻の収入が多い場合は、逆に夫へ年金を分割しなければならない場合もあります。
以上が年金分割制度の注意点になりますので、年金分割を待って熟年離婚しようと考えておられる方はしっかりと覚えておきましょう。


年金分割の落とし穴


年金分割制度の導入を機に熟年離婚をしようとお考えの方は多いようですが、この年金分割制度には落とし穴があります。
まず、分割の対象となるのは、婚姻期間中に支払った厚生年金の保険料に対する、夫婦合計の年金額だということです。
その為、婚姻期間中以外(夫が独身の時)に、夫が支払った保険料に関しては、分割対象とはなりません。
また、妻の方が収入が多い場合は、分割によりもらえる金額が少なくなるという落とし穴があります。
そして、年金を離婚した時点でもらえると思っている方が多いようですが、年金は受給年齢にならなければもらうことは出来ません。
以上の落とし穴に注意して、熟年離婚をしようかどうか検討してみて下さい。
また、年金分割制度は、女性にとって非常に有利な制度になっていますが、離婚をして再婚をする場合、もし再婚相手も再婚だった場合は、年金分割されていて、もらえる年金が半分になっている可能性があることも頭に入れておきましょう。

年金分割制度とは?

2007年4月から本格的にはじまる離婚時における年金分割制度の説明。もらえるための条件は?受給資格について。厚生年金が具体的にどのように分割されるのか?年金分割制度のメリット、デメリット。このカテゴリの情報が少しでも参考となれば幸いです。

関連エントリー

・熟年離婚と年金
・離婚時の分割制度
・離婚時分割制度の受給資格
・厚生年金の離婚時分割
・年金分割の手続きの仕方
・合意出来ない場合の年金分割
・年金分割の請求
・年金分割制度のメリット
・年金分割の注意点と落とし穴
・熟年離婚と振り替え加算


熟年離婚について
年金分割制度とは?
熟年離婚の原因
熟年離婚を防ぐ!
離婚に必要な費用
離婚後の生活
熟年再婚
リンク集
運営者情報