Top >  年金分割制度とは? >  年金分割の手続きの仕方

年金分割の手続きの仕方

年金


熟年離婚をお考えの方の為に、年金分割の手続きについて説明しておきます。
まず、双方が2号被保険者である夫婦が離婚した場合の手続きは、合意(または裁判)により分割割合を定めて、社会保険庁に年金分割を請求します。
社会保険庁はこれに基づいて、被用者年金の被保険者である夫婦の婚姻期間中の保険料納付記録(被用者年金の報酬比例部分の年金額算定の基礎となるもの)を分割し、当事者双方の標準報酬の改定を行います。
つまり、双方の婚姻期間中の標準報酬を合算して、分割割合により按分し、その結果、それぞれの標準報酬額が改められ、それに基づいて各自の年金額が決まるのです。
以上が、双方が2号被保険者だった場合の年金分割の手続きの流れになりますので、熟年離婚をお考えの方は覚えておいて下さい。


第3号被保険者の年金分割の手続き


夫婦の一方が、第3号被保険者であった時の年金分割の手続きについて、簡単に説明しておきます。
まず、平成20年4月1日以降の婚姻期間については、一方が社会保険庁に請求すれば(夫婦の合意は不要)、標準報酬総額の合計が夫婦それぞれ2分の1に改定されます。
これは、特定被保険者が負担した保険料は、当該特定被保険者と被扶養配偶者が共同して負担したと見なされるからです。
また、配偶者がある期間(特定期間という)、第3号被保険者である場合、特定期間のみについて、分割を請求する場合は夫婦の合意は不要ですが、婚姻期間全体について、年金分割を請求する時は、特定期間については夫婦それぞれ2分の1ずつに、その他の期間については、合意による割合に基づいて改定されます。
以上が、夫婦の一方が第3号被保険者の場合の年金分割の手続きになりますので、熟年離婚をお考えの方で対象の方は、参考にしてみて下さい。

年金分割制度とは?

2007年4月から本格的にはじまる離婚時における年金分割制度の説明。もらえるための条件は?受給資格について。厚生年金が具体的にどのように分割されるのか?年金分割制度のメリット、デメリット。このカテゴリの情報が少しでも参考となれば幸いです。

関連エントリー

・熟年離婚と年金
・離婚時の分割制度
・離婚時分割制度の受給資格
・厚生年金の離婚時分割
・年金分割の手続きの仕方
・合意出来ない場合の年金分割
・年金分割の請求
・年金分割制度のメリット
・年金分割の注意点と落とし穴
・熟年離婚と振り替え加算


熟年離婚について
年金分割制度とは?
熟年離婚の原因
熟年離婚を防ぐ!
離婚に必要な費用
離婚後の生活
熟年再婚
リンク集
運営者情報