Top >  年金分割制度とは? >  厚生年金の離婚時分割

厚生年金の離婚時分割

厚生年金


離婚時分割制度とは、婚姻期間中に厚生年金に加入していなかったとしても、離婚により年金分割がされれば、その期間中厚生年金に加入していたものと見なして、将来老齢厚生年金を受給出来るという制度ですが、受け渡された厚生年金保険加入期間以外の年間加入期間だけで、老齢年金の受給資格があるか否かを判断されます。
その為、離婚時の年金分割によって渡された被保険者期間は、年金の受給資格期間には含まれません。
また、分割の対象は、婚姻期間中に加入していた厚生年金の部分だけなので、婚姻期間中に、厚生年金を納めたことの無い個人事業主などの妻は、専業主婦だとしても、年金の分割を受けることは出来ません。
以上の離婚時分割制度の内容も頭に入れ、熟年離婚をするかどうかを考えてみて下さい。

年金分割制度とは?

2007年4月から本格的にはじまる離婚時における年金分割制度の説明。もらえるための条件は?受給資格について。厚生年金が具体的にどのように分割されるのか?年金分割制度のメリット、デメリット。このカテゴリの情報が少しでも参考となれば幸いです。

関連エントリー

・熟年離婚と年金
・離婚時の分割制度
・離婚時分割制度の受給資格
・厚生年金の離婚時分割
・年金分割の手続きの仕方
・合意出来ない場合の年金分割
・年金分割の請求
・年金分割制度のメリット
・年金分割の注意点と落とし穴
・熟年離婚と振り替え加算


熟年離婚について
年金分割制度とは?
熟年離婚の原因
熟年離婚を防ぐ!
離婚に必要な費用
離婚後の生活
熟年再婚
リンク集
運営者情報