Top >  熟年離婚について >  在宅ストレス症候群

在宅ストレス症候群

ストレス


夫が定年になると、熟年離婚ともう一つ増えると言われていることがあります。
それが、主人在宅ストレス症候群です。
あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、主人在宅ストレス症候群というのは、夫が在宅していることが原因で起こる病気で、場合によっては死に至ることもあるそうです。
では、なぜ主人在宅ストレス症候群が起こるのでしょうか。
夫は今まで会社に費やしてきた分、定年後はのんびりと家で過ごそうと思います。
しかし、妻はというと何十年も家事や育児、趣味など自分の生活スタイルを確立しているのです。
それが夫が家にいるようになると、思い通りに外出や趣味が出来なくなり、昼食なども残り物で適当に済ませたりすることが出来ません。
このように、今までの生活スタイルが夫の在宅によって侵害され、思うように維持出来ないイライラが、ストレスや夫への罪悪感となり、主人在宅ストレス症候群になってしまうのです。
症状が軽度ならばまだよいですが、重度になるとうつ状態にもなり兼ねませんので、夫婦であっても、自分の時間や生活スタイルを尊重するようにしてみてはいかがでしょうか。
そうすればきっと、主人在宅ストレス症候群だけでなく、熟年離婚も防ぐことが出来ますよ。

熟年離婚について

2007年4月から本格的に始まる年金分割制度により熟年離婚の件数がいっきに増えるといわれています。熟年離婚予備軍というヒトたちがいまか今かと待ち構えています。熟年離婚とは一体何なのか?という基本的な知識を解説。このカテゴリの情報が少しでも参考となれば幸いです。

関連エントリー

・熟年離婚とは!?
・熟年離婚と団塊の世代
・熟年離婚することは出来る?
・在宅ストレス症候群
・退職した夫の生活
・熟年離婚と試算額
・芸能界の熟年離婚
・積年の我慢が理由で熟年離婚することは出来る!?
・私たちの結婚式


熟年離婚について
年金分割制度とは?
熟年離婚の原因
熟年離婚を防ぐ!
離婚に必要な費用
離婚後の生活
熟年再婚
リンク集
運営者情報